岡崎久彦 著書/ Books Written by Okazaki

地域研究

 『隣の国で考えたこと』(ペンネーム・長坂覚)(日本経済新聞社 1977年)
 :日本エッセイストクラブ賞受賞、韓国に関するエッセー。『なぜ日本人は韓国人が嫌いなのか』(ワック 2006年)として再出版。

 『クーデターの政治学』(中央公論社 中公新書 1983年) :タイに関する著書。タイ専門家との共著

国際情勢判断・戦略

 『緊張緩和外交』(国際問題研究所 1971年)

 『国家と情報』(文藝春秋 1980年)

 『戦略的思考とは何か』(中央公論社 中公新書 1983年)サントリー学芸賞受賞

 『情報・戦略ノート』(PHP研究所 1984年)

 『米・中・ソの戦略構想と日本の羅針盤』(野田経済研究所 1985年)

 『歴史と戦略について』(PHP研究所 1990年)

 『新しいアジアへの大戦略』(読売新聞社 1993年)

 『国際情勢の見方』(新潮社 1994年)

 『国際情勢判断-歴史の教訓・戦略の哲学』(PHP研究所 1996年)

 『新「戦略的思考」』(徳間書店 1998年)

 『情勢判断の鉄則-21世紀の世界と日本の選択』(PHP研究所 1999年)

 『日本外交の分水嶺』(PHP研究所 2000年)

 『アジアにも半世紀の平和を』(PHP研究所 2001年2月)

 『岡崎久彦の情報戦略のすべて』(PHP研究所 2002年)

 『日本外交の情報戦略』(PHP研究所 2003年)

 『国家戦略からみた靖国問題』(PHP研究所 2005年)

 『この国を守るための外交戦略』(PHP研究所 2005年)

 『台湾問題は日本問題』(海竜社 2008年)

 『二十一世紀をいかに生き抜くか』(PHP研究所 2012年)

文化全般に関する批評

 『繁栄と衰退と』(文藝春秋 1991年)

 『悔恨の世紀から希望の世紀へ』 (PHP研究所 1994年)
:『日本は希望の新世紀を迎えられるか』(廣済堂出版 2000年)として再出版

 『陸奥宗光』(上・下)(PHP研究所 1987年):近代外交史シリーズ

 『陸奥宗光とその時代』(PHP研究所 1999年)「外交官とその時代」シリーズ第1巻
(『陸奥宗光』(上・下)とは独立した著書)

 『小村寿太郎とその時代』(PHP研究所 1998年)「外交官とその時代」シリーズ第2巻

 『幣原喜重郎とその時代』(PHP研究所 2000年)「外交官とその時代」シリーズ第3巻

 『重光・東郷とその時代』(PHP研究所 2001年)「外交官とその時代」シリーズ第4巻

 『吉田茂とその時代』(PHP研究所 2002年)「外交官とその時代」シリーズ最終巻

 『なぜ気功は効くのか』(海竜社 2000年)

 『百年の遺産-日本の近代外交史73話』(産経新聞ニュースサービス 2002年)

 『どこで日本人の歴史観は歪んだのか』(海竜社 2003年)

 『教養のすすめ』(青春出版社 2005年)

 『歴史の教訓』(PHP研究所 2005年):五百旗頭真氏、井上寿一氏、北岡伸一氏、坂元一哉氏、御厨貴氏との「外交官とその時代」シリーズをもとにした対談本。

 『真の保守とは何か』(PHP研究所 2010年)

 『明治の外交力』(海竜社 2011年)

監訳
ハミルトン・フィッシュ著『日米開戦の悲劇―誰が第二次大戦を招いたのか』(PHP研究所 1992年)

ヘンリー・キッシンジャー著『外交』上下巻 (日本経済新聞社 1996年)

その他
フジサンケイグループ 第11回 鹿内信隆正論大賞受賞 (1995年)

『自分の国を愛するということ』(海竜社 1999年)